妊娠中はゆったりと過ごそう

男性の薄毛と女性薄毛とは、メカニズムが違うことがよく言われていますが、その典型的な例が、妊娠中の薄毛ですね。加齢による薄毛は、現れ方が違いますが、男女どちらにも起こり得ることですが、妊娠中の薄毛は女性ならではのことです。妊娠中はホルモンバランスが乱れることが原因で、薄毛になりやすくなります。妊娠中に抜け毛に悩んだことがある、または薄毛になってしまったという人は、かなりの数に上ります。
自分だけが悩んでいるのかと思うこともありますが、案外多いことを知って、少し安心する女性も多いのではないでしょうか。それだけ薄毛は女性にとって、人には言えない悩みとなってしまいます。妊娠中は、それでなくてもストレスが多くなります。お腹の子どもに栄養が取られるために、髪にまで行き渡らなくて薄毛になるとも言われています。ほとんどは一時的なもので、妊娠後期には落ちつくことも多いので、なるべくくよくよしないで過ごすのが一番なのですが、出産後もしばらく元の髪のボリュームに戻らずに、再び悩んでしまうこともあります。
ホルモンバランスが元に戻るには、個人差がありますので、しばらくは様子を見ていけばいいのですが、あまり悩みすぎると、またストレスとなってしまい悪循環になってしまうこともありますので、難しいですが、ストレスになるものをなるべく遠ざけるようにしてのんびり過ごせるように出来ればいいと思います。ほとんどの場合は、そのまま様子を見ていけば、元の髪のボリュームに戻りますが、髪が薄くなってしまったことに悩みすぎてしまうと、ストレスが原因の薄毛となってしまいますので注意しましょう。
あまりにも気になる場合は、医師に相談したり、無添加の自然素材の育毛剤や育毛シャンプーを使ってみるのも良いと思います。またリラックスするために頭皮をゆっくりとマッサージするのも良いでしょう。妊娠中の髪型も、なるぺく手をかけなくてもいいような短いスタイルにしておくと、手入れもシャンプーも楽になるし、抜け毛もあまり目立たないかもしれません。妊娠中は食事にも気をつけたいものです。育毛剤も無添加のものがいいのですが、当然、食べるものにも無添加の自然なもので栄養を摂るようにしたいものですね。栄養バランスに気をつけることで、自然と髪にも良い物を摂ることができると思います。