産後は薄毛よりストレスに注意

妊娠中の抜け毛、薄毛に悩む人も多いですが、産後の抜け毛、薄毛に悩む人も、またたくさんいます。女性薄毛の原因の中に、加齢やストレスとともに、出産も上位になります。妊娠中の薄毛は、妊娠後期には落ち着くことがほとんどですが、産後の薄毛もまた、一時的なものと考えても良いと思います。妊娠、出産による薄毛は女性ホルモンのエストロゲンのバランスが崩れることが原因であることが多いです。
妊娠後期はエストロゲンが増加するために、抜け毛や薄毛が落ち着きますが、産後はエストロゲンの量が正常になるために、妊娠後期にとどまっていた毛が、一時的に抜けてしまうために、抜け毛がたくさん増えたように感じます。確かに抜け毛は増えるのですが、それは本来抜けているはずだった毛が、妊娠後期に抜けずにとどまっていたもので、ホルモンバランスが元に戻ったせいで、通常の抜け毛と一緒に抜けてしまうので、そのままいくと薄毛になってしまうのではないかという不安に陥ります。
ほとんどは心配のないものが多いのですが、心配しすぎてストレス性の薄毛になってしまうこともあるので、ほとんどの女性が経験することなので、気持ちをゆったりとして過ごすようにしましょう。また高齢出産の女性の場合、まれに薄毛になって回復しないこともありますので、抜け毛が落ち着いても、あまり髪のボリュームが戻ってこないなどと心配であるならば、無添加の育毛剤などを試してみると気持ちも落ち着くかもしれません。
女性薄毛の原因である妊娠、出産は一時的なもので、時間が経てば髪のボリュームも元に戻ることが多いのですが、育児のという大きな仕事があり、特に初めての育児の場合は、慣れなくて睡眠不足になりがちになり、かなりのストレスになってしまうこともあります。そうなってしまうと、育児ストレスが原因の薄毛にもなりかねませんので、育児は自分一人で抱え込まないで、周りの人の助けを借りて乗り切っていきたいですね。産後の髪型も、育児が大変でなかなか自分の髪の手入れも出来なくなってしまうので、手入れが簡単ですむような髪型がいいですね。でも、なかなかおしゃれができない時期でもありますので、せめて髪型はおしゃれにしておきたいという人は、ストレスを避けるためにも自分の思い通りの髪型を楽しむのもいいかもしれません。